大阪 阿倍野~南河内(藤井寺、羽曳野)が拠点のパーソナルトレーナーのYAMATO 山戸 学です☆

今日お伝えしたい事は

アスリート、一般の方に通じる『自分に合った運動』について…

image

競技者時代に

『自分の体に何が合うのか?』

『どういう所を動かし、何になっているのか?』

という事に向き合い学んだ。

その為、体を大きく壊す事なく、今の健康を保っている。

バルセロナオリンピックで金メダルを獲得した有森裕子氏の言葉です。

螻ア謌ク讒假シ亥ョ、蜀・シ・KAE_9773 2

私自身のクライアント様は勿論、日本一を目指す『プロのアスリート』や『超難関試験の受験生』だけではありません…

むしろ5割の方はスポーツを楽しまれたり、自分自身の中で上を目指す、体を動かす事で自己実現を目指される『一般の方』です。

私自身、生涯アスリート、、、週末アスリートという言葉をよく使いますが

マラソンを走られる方、テニスをされる方、ラグビーをされている方、社会人、大学野球で野球の審判として活躍される方、格闘技をされる方、、、色々な方がおられます。

13250282_1755314334713884_200705703_n
(ラグビーでのパフォーマンスアップを目指されているクライアント様です。クライアント様のお声はこちらから⇓)

『株式会社プラネット代表取締役』 藤田 誠様(ラグビー)

世の中の方のイメージとして

運動をする方=フィットネスクラブではありません

私の自身のクライアント様の7割の方もフィットネスクラブに現状通われている方はほとんどいません…
(フィットネスクラブに通われている方は日本人の人口の3%で、ここ10年でほぼ横ばいといわれています)

通う事が目的ではなく、目標を達成する為の時間がパーソナルトレーニングです。

『自分自身に合った運動=動作』を行い、どういった結果を出したいのか?

ここがポイントです。。。

つづきます…