アスリートの合格&日本一請負人のパーソナルトレーナーのYAMATO(大阪 阿倍野~藤井寺)です。

先日、レスキュー隊が人命を救助するための技術を競う大会

「消防救助技術大会」の近畿大会が行われました。
(全国大会は8月に愛媛県にて行われます)

image

近畿の各地区予選会を勝ち抜いた救助の精鋭達が全国大会に向けての一戦…

※災害現場において駆使する救助技術を競うことにより、より安全、確実かつ迅速さを追求した技術の習得をするために始まった大会です

全国15万人を超える消防士のno.1になる事を目指し、心身共に鍛えぬかれた精鋭達

私のクライアント様で『ロープ応用登はん種目』において、2015年度日本一タイムをマークされた方も出場されました

(⬆︎2015年大阪市予選会にて2015年全国1位の公式記録8.29秒をマーク)

image

image

image

image
(⬆︎向かって左側がクライアント様、近畿大会当日の様子です)

結果は大きなミス(飛びつき)があり、そこから巻き返しを図ったものの…

『8.87秒』

1位と『0.22秒差』の3位に終わりました

『近畿大会』『全国大会』とレベルが上がるにつれ

一つのミスを逃してはくれない事を改めて痛感させられました。

ただ…

予選とは違い凄まじい観衆と雰囲気…

一つのミスが負けを意味する場…

日本一のタイム(自己ベストは8.1秒)を持っていても

簡単には勝たせてくれない場を経験できた事は大きな収穫です

全国屈指のレベルを誇る

『近畿大会』

出場した21チームの中で1位(大阪府下、兵庫県下で1チームずつ)のみが全国大会に出場できます。

今回、全国大会出場を獲得したのは『堺市消防局』
(2位は狭山市消防局)

本番一発勝負で8.66を出す安定感は素晴らしいものです

今秋の予選会はサポートを行なっているこのチームを含め2チーム(2名)が『応用登はん』に出場されます。

『7秒台で日本一』クライアント様の目標達成に向けてサポートして参ります

2017年『日本一』に向けての準備はもう始まっています…

image

続きます