こんにちは、GOODLUCKのYAMATOです。

週明けは“大寒波”が来るそうですね、インフルエンザも流行っているので

体調管理には十分にお気をつけください。

さて今日はよく言う【イメージトレーニング】についてシェアしていきたいと思います

勝負において“まさかの出来事”が起こった事はスポーツやっていた方は経験があると思います

魔坂(まさか)の坂を転げ落ちるのは”一瞬”です…

勝負には『まさか』がつきものです

この“まさか”を“魔坂”と書きます

魔坂(悪魔の坂の例え)の坂は驚くほど急なもので転げ落ちるのは一瞬

そんな経験を身をもって痛感した事が私自身もあります

今から数年前

超難関試験とされるJRA騎手学校の入学試験

2次試験のある種目で圧倒的な数字を叩き出し”絶対合格にできたな“と思った受験生が不合格になりました


(合格を勝ち取った騎手の卒業生です)

まさに“悪魔の坂”を転げ落ちていきました

なんでや、、、なんでや、、、不合格を聞いた瞬間 そんな言葉を繰り返していました

勝負に絶対はない、、、

指導する側の慢心の怖さ、準備不足を痛感しました

オリンピックであれば4年、騎手試験であれば1年

準備を重ねていきます

200の準備に1の試合(試験)

そんな状態が求められます

一流と呼ばれるアスリートほど、、、”目的意識”が明確で

必要な準備をとことん行なっていきます

  • 『練習の為の練習』を行なっていませんか?
  • 『本番の為の練習』を行なっていませんか?
  • 本番を想定はしているけど、プレッシャーのかからない状況で練習して、ミスが起こっても原因を深く探らない状態本番の練習を行っているという自己満足
  • 『勝つ為の練習』を繰り返す必要があります

手前味噌ですが、来られているアスリートにはそこを徹底しています

究極にプレッシャーのかかる場面を常に作り出し、その中で自分のやるべき動作を繰り返し、どんな状況でも結果を出す為の準備が行う

繰り返し、繰り返し行います

高校野球の名門、横浜高校の渡辺前監督の時代

120パターンを超えるプレーを想定して練習をしていたそうです

それで、実際想定外のプレーが起きたら、、、

指導者に『そんなプレーは教わった事がありません…』と言いなさいと言われたそうです。

描けるイメージの限界があなたが出せるパフォーマンスの限界なのです

“バク転を行なっている時の自分自身がイメージできない”という事は

“バク転を行う事はできません”

イメージを具体化するトレーニングを行う事で自分自身のパフォーマンスは飛躍的に向上します

勝つ(成功)イメージトレーニングも最初は漠然とした状態です

でも繰り返す中で

なりたい自分(理想の自分)が明確に描けてくると
ワクワクしてきます。

自分がパフォーマンスを高めること

実際に実現している人(一般の方、プロアスリートの方)たちと肩を並べていく

小さな成功体験の積み重ねがあなた自身の武器になります

もしあなたが、今の『自分自身』を変え、

プロアスリートが行うメンタルトレーニング、フィジカルトレーニングを体験したい方は、
まずは個別相談会にお越しください。

▼個別相談会(体験セッション)の詳細はこちら

体験セッションのお申し込み(お問い合わせ)

(※完全予約制の為、スタジオ見学、体験セッションをご希望の方はお問い合わせ下さい)

『姿勢作り、ウォーキング専門トレーニングスタジオ』
GOOD LUCK(グッドラック)
~姿勢が変われば、人生が変わる あなたにあったパーソナルトレーニング~

(大阪府大阪市東住吉区駒川5-22-19 2F)

”アスリートの合格&日本一請負人”
パーソナルトレーナーのYAMATO(大阪 阿倍野、東住吉、藤井寺)