大阪 阿倍野~南河内(藤井寺、羽曳野)が拠点のパーソナルトレーナーのYAMATO 山戸 学です☆

t02200293_0800106713464556889

野球学校ではない公立高校を出て、野球が強い大学に入学した時

『おまえに何がわかんねん??』『おまえ野球知ってんのか??』

甲子園に出場するような強豪校を出た選手に言われました。

正直、悔しかった…

ただ、やはり勝ちを求められる高校を出てる選手は

『勝つ確率』を高めたものを叩き込まれています

それを論破するには人一倍勉強する、そして信頼を得ることしかなかったのです。

指導者不在の高校野球部で野球をしていたので

自分でトレーニング勉強論、指導論を学ぶしかなかったのですが

裏を返せば、多くの名指導者と呼ばれる方の考え方に触れる機会がありました

だからこそ大切にする事があります

『指導する側の一方通行にならない事』

013(1)

選手は指導する側のコマではありません

選手が聞いてるフリをする=これでは意味がありません

トレーニングの意図を明確にし、選手が意図を理解して上でトレーニングを進めていく

結局やるのは『選手』、指導者が出しゃばりすぎるのは、結局、指導者の『自己満足』

YAMATOも長い間『体育会系』でお世話になったのでよくわかるんですが

日本は指導者らしくする=選手に偉そうにする、高圧的な指導をする

失敗した事を怒った方が指導者らしく見える、という雰囲気があります。

選手の成功がYAMATOの成功

そう考えれば、高圧的な指導者は必要ないと思っています

全国Best8くらいであれば、そういった指導でも可能性があるとは思いますが…

一番上を目指すとなると、そのやり方では限界があります

選手が成功する為にどう関わっていくか?

感情的になりたい気持ちもわかりますが

まずは選手の気持ちを常に聞く事

『日本一を賭けるゲーム』、極限のプレッシャーと戦うのは

選手自身です。

『自己解決能力』をギリギリまで高めた選手は、本番で意外なほど冷静なものです…

t02200165_0800060013417888463