大阪 阿倍野~南河内(藤井寺、羽曳野)が拠点のパーソナルトレーナーのYAMATO 山戸 学です☆

『超難関試験を受けるお子さんを指導する上で意識している事』

についてシリーズ形式でお伝えして参ります。

3年前に超難関と言われています

JRA(中央競馬)の騎手学校入学試験
(一般枠は倍率は60倍を超える事もあり、時として0人の場合もあります、、推薦枠は別ですが…)

において日本一(シャトルラン)になったお子さんの指導を担当させて頂いたご縁で

その後も難関試験を受験されるお子さんの親御さんから

ご依頼を頂いております(ボートレース、競馬騎手試験、体育学校受験)

IMG_0005

IMG_0026
(2016年3月に騎手学校にお伺いした際に、教え子の成長した姿を見てきました)

去年も見させて頂いたお子さんが騎手試験で合格する事ができ

同業者さまや他競技などで強豪私学で頑張っているお子さんの保護者にもお子さんと関わり方について質問を頂く事があります。

本日は第8弾 YAMATOが得意とする

『メンタル面の強化』についてお伝えしていきます

超難関試験を受けるお子さんを指導をする前に親御さんと面と向かってじっくり話をします

よくあるのが…

子供さんの可能性を100%信じる事ができない状態

うちの子はダメだから、素質がないから

コネクションがないから

身体能力が低いから

素質や繋がりを嘆くのは簡単です

ないものを10個並べても合格する事はありません…

まずは

  1. 『今、自分自身できている事』(解決している事)
  2. 『自分自身でどうにかできる事』(解決できる事)
  3. 『自分自身ではどうする事もできない事』(解決できない事)

最初の段階で1~3を受験生本人と親御さんに気付かせていきます

(あくまで気づかせる事が重要です)

013(1)

①逆に自分自身の武器(良い所)を10個並べると勝ち目は出てきます
(プロ野球の試合で、ピンチの場面でピッチャーは、首を振っても得意の球を投げる確率が高いです)

メンタル面での自信の一つは

その①、②の部分を作り上げる事に尽きます

プロ野球チームが小学校の野球チームと試合をして負ける事は考えないと思います

むしろ、負ける訳はないと思って試合に臨みます
(実際勝負する事はありませんし、負ける事はありません)

超難関試験本番に向けて

練習を始めた日から本番までを逆算し

例えば

1年前⇒半年前⇒3か月前⇒2ヶ月前⇒1ヶ月前⇒2週間前⇒1週間前⇒1日前⇒1時間前⇒(各種目の)試験

ルーティン(流れ)=習慣を確立していきます
(人によって様々ですが、実際はもっと細かくです)

自分自身がベストパフォーマンスを発揮できる確率を100%に近づける作業です

(2015年 大阪市救助技術大会において、日本一タイム8.29秒をマーク))

※実力がA君が10でB君が7とします。

A君が極度の緊張もしくは気が抜けすぎて
実力6しか発揮できないと

B君がベストパフォーマンスを発揮し、実力を7発揮するとB君の勝ちです(B君7対A君6)

勿論、実力の上限を高める事は当然です

『メンタルトレーニング』

によって実力の100%を出す事が重要になってきます

メンタルトレーニングを学ぶきっかけになったのは

田口 耕二氏(YAMATOの高校野球部時代の監督の方です)

(2015年の阪神タイガースの秋季キャンプでもメンタルトレーニングを指導されました)

『メンタル野球への挑戦‐高校野球のメンタルトレーニング(ベースボールマガジン社)』を出版されたメンタルコーチの方です。

『本番で自分自身の実力を100%発揮できるか?』

本番で出た結果が実力ととらえるなら、メンタル面の強化無くしては、『結果』を出す事は出来ません…

  • 緊張しすぎてもダメ
  • 緊張しなくてもダメ
  • 丁度よい精神状態=『ゾーン』(極限の集中力)

ここにつきましては、また後日です

つづく…