新年あけましておめでとうございます‼

GOODLUCK代表パーソナルトレーナーのYAMATOです

本年もGOODLUCKをどうぞよろしくお願い致します。


(2017年の年末は“日本一”“世界一”の常勝思考を確信しました‼︎)

2018年も早々ですが

スポーツファンには忙しい時期でしたね

様々な学生スポーツの全国大会が目白押しでした

箱根駅伝での青山学院大学の4連覇から始まり

大学ラグビーでは帝京大学の前人未踏の9連覇

高校ラグビーは東海大仰星高校

高校サッカーは前橋育英高校

そして

春の高校バレーは金蘭会高校(大阪)が3年ぶりの日本一を達成しました‼
(3年前は3冠を達成しました)

金蘭会とはとある方とのご縁もあり

昨年よりGOODLUCKにも金蘭会中学校バレー部の選手がトレーニングに来られているので

決勝戦を注目して見ていました

決勝戦をストレート勝ちで勝った事を考えると“運”ではなく”実力”で勝ち取った日本一です

そもそも、なぜこんなに強いのか?

ですよね、、、

金蘭会高校の下部組織には金蘭会中学校があります

2016年、2017年全国中学校バレーで2連覇を果たしている金蘭会中学校の選手がほとんど金蘭会高校のバレーボール部に入ります

基礎的な事は中学時代に徹底的に叩き込まれています

高校日本一を達成するために必要な土壌は全て整っています

良い土であればあるほど、根を深くはり、丈夫な幹が育ち、大きな木は育つものです

裏を返せば、中学校で“日本一”を獲得している子供達がそのまま

高校に進学すれば、他校が超えるべきハードルはとてつもなく高いものです

勿論、同じような環境で選手を育成している学校もありますが

“日本一”を獲得するチームとそうでないチームには目には見えない差がたくさんあります(ここが最大のポイントです)

簡単にまとめると下記のように感じます(※あくまで私自身の考えです)

  1. 中学校~高校の6年間という長期的なビジョンを持った育成が可能
  2. 高校でピークをもっていく事を考えたリクルート(選手の獲得)
  3. 成長期の中で段階に応じた体力、技術の習得
  4. 高校のトップチームに応じた中学時代での一貫した選手育成
  5. 日本を代表する首脳陣による指導

ご縁もあって首脳陣の方から

様々なお話を伺う機会があるのですが、

勝つべくして勝つといっても過言ではないような準備と

首脳陣と選手が明確なビジョンを描いて練習を重ねています

GOODLUCKにもジュニア世代でプロを目指すような選手もいますが

世界チャンピオンを目指すボクシングの世界ランカー

トップレーサーを目指すボートレーサー(最上位のA1選手をはじめ数名の選手)

競輪選手などのプロのアスリートがトレーニングに励まれています


(プロ選手だけでなく、アマチュアでも日本一を目指している選手もおられます)

もちろん一般の方も6割ほどお越しになられています

目標を達成する為に必要(メンタル、フィジカル)な準備を積み重ねているので金蘭会の首脳陣の方との話なかでヒントとなるフレーズはたくさんあります

200の準備に1の試合

ならぬ

200の準備に1の勝利

今見させて頂いている選手だけでなく、金蘭会の選手の今後の活躍は大きな楽しみですね

大きな苦難を乗り越えた末に勝ち取った日本一

金蘭会高校の選手、首脳陣、学校関係者、保護者の皆様、日本一達成おめでとうございます!

『姿勢作り、ウォーキング専門トレーニングスタジオ』
GOOD LUCK(グッドラック)
~姿勢が変われば、人生が変わる あなたにあったパーソナルトレーニング~

(大阪府大阪市東住吉区駒川5-22-19 2F)

”アスリートの合格&日本一請負人”
パーソナルトレーナーのYAMATO(大阪 阿倍野、東住吉、藤井寺)

”体験セッション””お問い合わせ”はこちらから↓

体験セッション