大阪 阿倍野~南河内(藤井寺、羽曳野)が拠点のパーソナルトレーナーのYAMATO 山戸 学です☆

『超難関試験を受けるお子さんを指導する上で意識している事』

についてシリーズ形式でお伝えして参ります。

3年前に超難関と言われています

JRA(中央競馬)の騎手学校入学試験
(一般枠は倍率は60倍を超える事もあり、時として0人の場合もあります、、推薦枠は別ですが…)

において日本一(シャトルラン)になったお子さんの指導を担当させて頂いたご縁で

その後も難関試験を受験されるお子さんの親御さんから

ご依頼を頂いております(ボートレース、競馬騎手試験、体育学校受験)

IMG_0005

IMG_0026
(2016年3月に騎手学校にお伺いした際に、教え子の成長した姿を見てきました)

去年も見させて頂いたお子さんが騎手試験で合格する事ができ

同業者さまや他競技などで強豪私学で頑張っているお子さんの保護者にもお子さんと関わり方について質問を頂く事があります。

超難関試験を受けるお子さんは言わなくてもこちらの指示通り動きます

どのお子さんも共通する事は

『頑張れ』『頑張れ』と言わなくても

こちらがストップをかけるくらい必死にトレーニングします

駿弥4
(セッション中のランメニュー)

ただ、それだけで好結果を得られる事は残念ながらありません

(超難関試験です、覚悟を決めている以上、必死にやるのは当然な事です)

というのも、、、試験会場では指示を仰げる環境ありませんので、練習中に一方的に指示を待っているだけでは好結果にはつながりません…

(試験会場は本人のみ、、両親も私も入ることはできません…)

超難関試験で日本一を勝ち取る為には
『自己解決能力』をいかに高めるか?がポイントになります

(例えば、試験当日の朝ごはんはどれくらい食べよう?試験中の水分補給のタイミングは?この種目の前はどんな?ウォーミングアップを入れよう、とか)

『指示待ち人間』では、本番でベストなパフォーマンスの発揮はできません(超難関試験では全て自己判断です)

不足の事態にも対応できません

t02200165_0800060013417888463
(合格までの道のりは、地味で地道な事の連続です)

最初の数ヶ月の『トレーニング(メンタル面、体力面)の基礎段階』

はある程度細かい部分まで指示は出しますが

それも最初だけです…いかに本人の瞬間、瞬間のBestな判断力を高めていけるか?

それにつきます…

教える側だからいっぱい教えたい気持ちもわかります…

ただ重要なことは本人のポテンシャルを高める為の環境作りに徹する事

指導者の一方通行の指導だけでは、超難関試験で日本一になることは難しいです…

次回に続きます