大阪 阿倍野~南河内(藤井寺、羽曳野)が拠点のパーソナルトレーナーのYAMATO 山戸 学です☆

『超難関試験を受けるお子さんを指導する上で意識している事』

についてシリーズ形式でお伝えして参ります。

3年前に超難関と言われています

JRA(中央競馬)の騎手学校入学試験
(一般枠は倍率は60倍を超える事もあり、時として0人の場合もあります、、推薦枠は別ですが…)

において日本一(シャトルラン)になったお子さんの指導を担当させて頂いたご縁で

その後も難関試験を受験されるお子さんの親御さんから

ご依頼を頂いております(ボートレース、競馬騎手試験、体育学校受験)

IMG_0005
IMG_0026
(2016年3月に騎手学校にお伺いした際に、教え子の成長した姿を見てきました)

去年も見させて頂いたお子さんが騎手試験で合格する事ができ

同業者さまや他競技などで強豪私学で頑張っているお子さんの保護者にもお子さんと関わり方について質問を頂く事があります。

本日は第8弾 『メンタルトレーニング第2弾⇒ゾーン』について

『ゾーン』⇒スポーツ選手が、極限の集中状態にあり、他の思考や感情を忘れてしまうほど、競技に没頭しているような状態を体験する特殊な感覚のことです。

プロゴルファーでいう『思った所にショットが打てる状態』

プロ野球選手でいう『ボールが止まって見える感覚』

心と体の感覚が完全に一致した状態

『そんな事が実際起こるのか?』

もう一人の自分自身が離れた所から自分自身を俯瞰している状態等
(メンタルトレーニング 石井塾より一部を抜粋)

超難関試験受験生、アスリートのみならず一般の方にも必要な事です

フィジカル(体力)トレーニング(様々な種目)によって

様々な体力レベルを限りなく高めつつ

実力を100%出す為のメンタルトレーニングを行い

コンディショ二ングを整え、超難関試験に臨みます

image

超難関試験受験生には

『ここまでやって、はじめて戦える土俵やなくて勝ち負けのレベルに立ったんやで』

『後、いつもの練習通りやれるか?』だけ…

と伝えています

写真 1

『運も実力の内』と言います…

ただ勝ち負けレベルの実力が無いなら

超難関試験で勝負はできません

『運』を嘆く事ができるレベルになるには相当な準備が必要です

本番で出た実力=結果です

合格する確率=勝率をどこまで高めれるか?

ゾーンについての詳しい事が書いているクライアント様のお声はこちらから⇓

『2015∼2019年(4年連続)大阪市消防局応用登はんの部代表』 一村 俊介様

超難関試験の

『合格』のカギを握ります

フィジカル(体力)トレーニングを行うだけでは

合格する事は難しいです…

次回は

『指導する上で忘れてはいけない事』(予定)

について…