大阪 阿倍野~南河内(藤井寺、羽曳野)が拠点のパーソナルトレーナーのYAMATO 山戸 学です☆

3年前に超難関と言われています

JRA(中央競馬)の騎手学校入学試験
(一般枠は倍率は60倍を超える事もあり、時として0人の場合もあります、、推薦枠は別ですが…)

において日本一(シャトルラン)になったお子さんの指導を担当させて頂いたご縁で

その後も難関試験を受験されるお子さんの親御さんから

ご依頼を頂いております(ボートレース、競馬騎手試験、体育学校受験)

IMG_0005
(2016年3月に騎手学校にお伺いした際に、教え子の成長した姿を見てきました)

去年も担当させて頂いたお子さんが騎手試験で合格する事ができ

同業者さまや他競技などで強豪私学で頑張っているお子さんの保護者にもお子さんと関わり方について質問を頂く事があります

超難関試験を受けるお子さんを指導する上で意識している事シリーズ

本日は一先ず『最終回』です

駿弥3
⇑騎手試験は秋にあるので、夏~秋に走り込みの時期

超難関試験の競馬の騎手学校を合格する上で私がポイントにしている練習です

勿論、ダラダラと長時間走る訳=根性論ではありません

強化すべきポイントを踏まえ、走り込み(トレーニングの追い込み)を行います

私も長年、競技(野球、水泳、バレーボールetc)をしていたので、この練習の肉体的、精神的な厳しさはよくわかります…

正直、ギリギリまで追い込んでいきます

勿論、根性論だけで解決する事はありませんので

科学的な根拠に基づいて、メニューを設定⇒実行していきます

根性論だけでは合格できません…

精神的な強化には『メンタルトレーニング』等も行いますが

この時期に、この練習を取り込み乗り越える事で

圧倒的な自信を持って、試験本番に挑めるようになります!

IMG_0307 (1)
⇑ラストセッションでの一枚…騎手試験を受けるお子さんの成長は凄いものです

私が『一番きつかった練習は?』と聞くと

『やはり走り込み期(トレーニングの追い込み期)が精神的にきつかったです…』

と答えるお子さんが多くいます

この時期は指導している側には精神的なタフさ=結果を焦らない事が求められます

そして最後のセッションの時に

『今までありがとうございました、ダービー勝てるように頑張ります…』という言葉を頂きました。

来年のデビューに向けて、今は厳しい訓練生活の真っ只中です
IMG_0026
(競馬学校での彼の姿…プロの卵としてレベルアップを図っています)

騎手学校は馬の世話がある為、完全なお休みは一度もありません。

(2週間に1回だけ、半日のお休みがあるようです、勿論、外出しても体重管理など厳しいルールがあります)

プロ騎手としてレースに挑む彼の雄姿が楽しみです