GOODLUCK(グッドラック)代表のYAMATOです。

ゴールデンウイークも終わり、いよいよ梅雨⇒初夏⇒夏と進んでいきますね…

そんなゴールデンウイークも

超難関とされる騎手学校への合格者を輩出したご縁により、7ヶ月後の”合格”に向けてのトレーニングが日々行われていました。

ある年を例にとると、一般枠の約200人前後の受験生の内2次試験に進んだのが約30人、そこに推薦枠の4〜6人が加わり2次試験を受けます


(合格者の内訳を把握した上で1次、2次試験に周到すぎる準備を進めて行く事が大切になってきます)

合格者の約99%は推薦枠で、一般枠は良い子がいればとるという世界
(実質、中学3年生、高校1年生の年に合格を勝ち取らない限り、合格への道はほぼ閉ざされます)

ある年の合格者(一般枠)は

”約200人中1人”

この超難関試験の受験生への指導は細部に渡り、徹底的な準備が求められます
ずば抜けた魅力(能力)がある子がいれば”合格”という世界


(先日、以前担当させて頂いたお子さんが今年デビュー戦を見に行きました、、プロになってからこそ厳しい戦いのスタートです)

”準備”に1年以上の月日をかけて

ようやく”合格”(勝ち負け)を意識できる世界です。

合格するという事は凄まじい確率をクリアした事になります

理由は後日お伝えしますがテストの基準点を上回ってもなお、合格できない世界です。
(お子さんの努力が実を結ぶようにする為には行うべき準備があります)

基準点を上回ることは当然のことですが、そこまでの道筋をいかに明確にするか?が重要になります。

『GOODLUCK』の近くには

長居公園、雨天時でも走る事のできるアーケードがあり、坂ダッシュが可能な公園や

スタジオ内は当然ですが騎手試験に向けて、周囲の環境もしっかり整っています


(競輪選手や陸上競技を行う方がよく使うパワーマックスという器具です、”動き出し””最高パワーまで到達する速度”を高めたりする事ができます、中距離、長距離に対応しており東住吉区には2台しかありません)

練習環境はもちろん

私自身も

合格実績に基づき、どうすれば”合格”できるか?(合格基準)を本人に徹底的に叩き込みます。

そして”自己解決能力”をとことん高めた状態で試験に挑みます。


(いつもお世話になっておりますミミスタイル代表の金井代表)

姿勢作り、ウォーキング専門トレーニングスタジオ(完全予約制)
『GOOD LUCK(グッドラック)』(大阪市東住吉区駒川5‐22‐19 2F)