こんにちは。GOODLUCKのYAMATOです。

緊急事態宣言下、大阪府でも多くの部活動がお休みになっています。選手の悶々とした気持ちを考えると一日でも早く活動再開となる事を祈ります。

そんな今日は

6年間で4度日本一になった指導者の話

今日はその指導者のお話をさせてください。(実は縁あって中学校の1つ上の先輩です)

『“ギャーギャー“と怒り続けている指導者のTEAMには負ける気がしない…‬』

6年間で4回日本一になったその方の言葉

あなたのお子さんが所属しているチームはいかがでしょうか?

自分のチームではなくてもあなたの周りに“そんな怒り続けているチーム”はありませんか?

ありますよね…(笑)

指導者だけが一生懸命に声を出す?いや叫んでいる…叫び続けているチーム

気持ちはわかるけど、、、残念な光景です。

残念ながらGOODLUCKに来られているお子さんが怒り続けているチームに所属している事もあります。

指導者も選手もストレスだらけで相手ではなく自チームの中で戦っています

それではパフォーマンス発揮に繋がらず、相手と戦う前に負けてしまいます

結局のところ、選手の委縮を生みだし、全てが受け身になってしまいます

選手が自ら動くのではなく、監督の指示を待っているチーム

相手ではなく、監督の表情ばかり見ているチームでは結果を出す事は難しいです

様々な競技の全国大会や地区大会に伺うと見かけることがあります

ちなみに全国制覇4回制覇した監督さんは

全国大会の決勝戦では”選手を勇気づける言葉がけ”がほとんどで試合中に怒鳴ったり、叫んだりする事はありません。

手を叩いて選手を鼓舞したり、落ち着いていこうというジェスチャーを送ったり、日本一になる為に年単位で準備をしてきた選手を見守る事に徹しています

『うちにくる子たちは日本一になりたいという思いと覚悟を胸に入学してくるからね』‬

→入学した時点で高いモチベーションを持ち、厳しい競争に挑んでいきます。

A(1軍)とB(2軍)の練習試合が接戦で終わらない代は強いチームの目安になります。

‪練習でできる限りの準備‬を行い、指導者は選手を見守る

そんなスタンスが重要になります。

“どのような指導者が子供に合っているかを見極める事が何かを始める上ではとても重要”です
(ONETEAM指導)⇓

https://yume-nihonichi-goukaku.com/2020/03/19/%e3%81%a9%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%aa%e6%8c%87%e5%b0%8e%e8%80%85%e3%81%8c%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ab%e5%90%88%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%8b%e3%82%92%e8%a6%8b%e6%a5%b5%e3%82%81/

 

”アスリートの合格&日本一請負人”

パーソナルトレーナーYAMATO
(大阪 阿倍野区,東住吉区,平野区,住吉区,西成区,天王寺区,藤井寺市,羽曳野市,松原市,柏原市)

『姿勢作り、ウォーキング専門トレーニングスタジオ』

GOOD LUCK(グッドラック)

~姿勢が変われば、人生が変わる あなたにあったパーソナルトレーニング~
(大阪府大阪市東住吉区駒川5-22-19 2F)

⬇︎“体験セッション”ご希望の方はこちらから⬇︎

090ー9876ー7569(直通)

abeno.yamato.pft@gmail.com

※出張セッション応相談です