こんにちは、こんばんはGOODLUCKのYAMATOです。

今年は甲子園大会が2年ぶりに開催されます。

昨年の開催中止により無念にも甲子園を目指す事ができなかった選手の分もベストを尽くして欲しいですね。

そんな今日は、チームスポーツでよく聞かれる

(首脳陣の)お気に入り問題…について

特に熾烈なメンバー争いが起こる強豪私立ではよくあることです

『監督のお気に入りの投手がいるから投手で試合に出るのは難しい…』

担当する高校野球強豪校投手のお子さんの言葉

チームスポーツの指導現場で実際によく聞く“お気に入り問題”

『あいつは監督の”お気に入り”やから…』

その一言で終わらせたい?

その一言で片づける子もいますが、その中でエースナンバーやベンチ入りを目指す子がほとんどです。

真面目で一生懸命な投手ほどそういった部分は敏感ですが冷静にチャンスを模索(見出す)する事の大切さを伝えます

(こちらはそのお手伝い=サポート)

甲子園や全国制覇を目指す強豪校ほど選ばれる側の選手が感情論になってしまえばチャンスありません…

監督を含めた首脳陣を敵にしてはチャンスは巡ってきません

身体能力を含め十分エースになれる可能性を秘めている子の場合は

エースを目指して勝負を挑むか?orその座を諦めるか?

進むべき道は2つに1つです

私自身、長年2軍3軍の選手を担当していた立場からみて

身体能力や技術で可能性を秘めている選手は

○実戦で結果を残し続ける→それが最大のアピール
ただ”お気に入り問題”は一回の活躍だけではなくアピールし続ける事が求められる

○お気に入り=監督を分析する
決定権者が監督である以上、監督はどんな選手を好むのか?

○ライバル投手の分析
その投手に勝る部分と劣る部分?を冷静に見極める

誰かに聞くことも大切です


(原田式メンタルトレーニングも導入しています)

当たり前のような話ですが必死な時ほど見えないものです。

本人がエースにこだわるなら、こちらも簡単には諦めません。

甲子園をはじめ様々な目標を立てている球児の皆さんを応援しています‼

大阪阿倍野・東住吉・平野・松原・藤井寺・アスリートの合格&日本一請負人

『姿勢作り、競技力向上、ウォーキング、キッズトレーニング(体幹、ストレッチ)』

パーソナルトレーナーYAMATO

『姿勢作り、ウォーキング専門トレーニングスタジオ』GOOD LUCK(グッドラック)

~姿勢が変われば、人生が変わる あなたにあったパーソナルトレーニング~
(大阪府大阪市東住吉区駒川2-4-1 ピア駒川202

⬇︎“体験セッション”お申込みはこちらから⬇︎

https://yume-nihonichi-goukaku.com/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b-2/

090ー9876ー7569(直通)

abeno.yamato.pft@gmail.com

※出張セッション応相談です