こんにちは、GOODLUCKYAMATOです。

今日は“日本一を目指す戦い”=消防救助技術大会“応用登はん”について

2019年から消防の救助技術“応用登はん”でサポートさせて頂いている和歌山県のチーム

ポテンシャルだけでみれば今まで担当してきたチームの中でも上位

日本一の可能性を秘めています

消防技術救助大会“応用登はん”とは⬇︎⬇︎

YAMATO式“応用登はん”7秒台への挑戦‼︎

2019年に全国大会に出場したチームと比べてポテンシャルだけでみれば上回る部分も多く、指導者として期待が持てるチームです。

ただ、それだけでは勝てない

厳しい戦いである事も長年の指導経験の中で感じているところ

一発勝負の怖さ”を何度味わったことか…

だからこそ

日本一に向けてトレーニングを進めていく中でポイントの一つになるのが

◯日本一全国大会県予選の心技体略の逆算です


(2015年大阪地区予選を初制覇)

和歌山県のチームの登り手のリーチが長く、体が大きく使えるようになると

少ない取り手”(手数)で登る事ができ“減速動作”を最小限に抑える事ができます

取り手→右手でロープをつかむ回数=手数です

よく言う“体の柔軟性を高める”だけではパフォーマンスを高める事は難しいです

トレーナーとしてまず高める部分

それは

股関節、肩まわり、背骨周りの3

その動きをまず高めていきます。

(応用登はんのトレーニングの様子)

応用登はんで担当してきたチームは今までで5チーム

最初はどのチームもこの3つの動きの“スムーズさ”は欠けています

2019年に全国大会に出場した大阪代表チームもです。

ベストタイム8秒00のチームも基礎的な動きから高めていったのです。

まずは9秒00を切る

県大会を制する上で重要なところです

一年かけた準備も”8秒、9秒で終わる一発勝負”

年間公式記録日本一タイムをマークした事のある選手でも1つのミスで敗退を余儀なくされる

目を背けたくなるような厳しい世界

試合当日の”ルーティン”

本番直前の”ルーティン”

日々のトレーニングにおける意識を高めていきます

プロ野球のノムさんこと

野村(元)監督の名言として、

【勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし】

試合前の準備で勝敗の99%が決まる

今年も

和歌山大会→近畿大会→全国大会が行われます

自己ベスト9秒を切り県大会で優勝する事

日本一が決まる夏に向けて

“今日”も準備を着実に進めています‼︎

動画は2015年公式記録日本一をマークした時のものです

今日の残心…和歌山県から片道1時間30分をかけてトレーニングにこられています。応用登はんで全国大会そして日本一になりたい‼︎その気持ちを強く感じます。持っている全てを伝え、勝負に勝つ準備を伝えていきます‼︎

“アスリートの合格&日本一請負人”

パーソナルトレーナーYAMATO
(大阪 阿倍野 東住吉 住吉 平野 藤井寺 羽曳野 柏原 天王寺)

『姿勢作り、ウォーキング専門トレーニングスタジオ』

GOODLUCK(グッドラック)

〜姿勢が変われば、人生が変わるあなたにあったパーソナルトレーニング〜
(大阪府大阪市東住吉区駒川5-22-19 2F)

⬇︎“体験セッション”ご希望の方はこちらから⬇︎

090−9876−7569(直通)

abeno.yamato.pft@gmail.com(メール)

※出張セッション応相談です。