こんにちは。GOODLUCKのYAMATOです。

今日は『パフォーマンス向上に必要な“ベストなアンバランス”』について…

身体の右側が弱い…

ハンマー投げは一方向だけに回るからひずみがきたのだ…と

男子ハンマー投げの室伏広治選手を支えたフィジカルトレーナー、咲花正弥氏が2009年、室伏選手に始めて会った時の感想です


(現在GOODLUCKには3名のボートレーサーが来られています、ターンは左回りが前提のスポーツです。ターンのポイントの一つは“重心のコントロール”)

身体のバランスを意識しなければ、どれだけの力を身につけても、ハンマーを遠くに飛ばす事はできません。

一般的に身体のバランスをみる上でポイントになるもの(一部)

  • 体の左半身、右半身の差
    (耳、肩、肩甲骨の下部、骨盤、太腿の付け根、くるぶしの位置や体の右側、左側の各部位の筋力量)
  • 上半身、下半身の差
    (上半身、下半身の筋力量そしてバランス)
  • 前後の差
    (腹筋と背筋、腕の力こぶ側と二の腕側、太ももの前と後)
  • 内側と外側の差
    (体の内側、外側)

ざっくりと分けています。トレーナーが筋力量(測定器具)、動きの状態、柔軟性などを分析します(※細かい部分は他にもあります)

バランスというのは言葉はそもそも定義が曖昧…

競技の特性そして選手によっても異なります

トップで活躍していた室伏(元)選手のバランスが崩れていたと言うのは

ハンマーを投げる際に左回り(半時計周り)で投げる為に左に比べて右側の筋力が不足していたという事

ここで言うバランスは

左と右の筋力の数値が“5対5(均等)”ではなく

右側(お尻)の筋力を高めつつ、ハンマーを遠くに投げる為に必要なバランスを模索していたのです

筋力の数値が左右ともに同じではなく“様々な左右差(アンバランス)”の中で

ベストな状態を模索していたのです

“ベストなアンバランス”とは

体の特性(左右が均等ではない前提)をふまえた上で

トレーナーの評価よりも

“本人にとって良い感覚”(自己評価)が基準と考えます。


(大切なのは本人にとっての“べストなアンバランス”)

人間の顔も顔の左右のパーツが同じ位置という事はありません

“選手自身が動きに対する実感”と“トレーナーが動きを見て手応え”を感じていれば

主観的にも客観的にも“バランスが取れてきた”と考えます


(ターンの時に“体重を左側”にかけています)

室伏選手の話に戻ります…

咲花氏が強化したのは

特に弱かった“右のお尻”

そして室伏選手に“①呼吸のトレーニング”も課しました。
(①肺を上手く膨らませる事で、横隔膜を鍛える、そうすると、横隔膜と腱で繋がった体の内側の筋肉が使えるようになる)


(これも立派なトレーニングです)

『外側の筋肉に比べて、身体の中心の筋肉が弱かった。体幹が強ければ腰痛の予防になる』

そして、もう一人室伏選手の身体を支える理学療法士のロバート・オオハシ氏は室伏選手の身体を診断した2009年の感想を、こう語っています。

世界トップレベルのアスリートが昨年のロンドン五輪に向けて強化してきた事の一つには

器具などをあまり使わず、片足のスクワットなど少ない負荷で強化していたのです。(これも一つの方法です)


(様々なトレーニングを行う中で“本人”との対話の中でベストに近づけていきます)

そして、オオハシ氏が(室伏選手に)オリンピックに向けて伝えた事は

『新しい事はしない。これまでやってきた事を継続する』
(ロンドン五輪では堂々の第三位に輝きました)

これめちゃくちゃ大切です…(笑)

ここは“指導する側と選手の信頼関係”です

トレーニングをしていて、結果出なければ、すぐに新しいものや違ったトレーニングにはしりがちです。

パフォーマンスを高める為に必要な【再現性】の高め方

特に“情報が溢れている今の時代”は尚更

『良薬、口に苦し』

難しい、厳しいトレーニングの先に答えがある

それもまた事実です


(最近はゴルフの練習が日課、実に奥が深いスポーツです)

トップアスリートには様々な分野の専門家がサポートをしています

パフォーマンスを高める上で

自分自身にはわからない『気づき』を得る事は大切です。

今日の残心GOODLUCKにお越しの中学生3年生の男に『ブログ見ましたよ』と言われました。『どうやった』と聞くと『伝えたい事は何となくわかりました…(笑)』、何となくでも伝われば良かったと。。。(笑)

“アスリートの合格&日本一請負人”

パーソナルトレーナーYAMATO
(大阪 阿倍野 東住吉 住吉 平野 藤井寺 羽曳野 柏原 天王寺)

『姿勢作り、ウォーキング専門トレーニングスタジオ』

GOODLUCK(グッドラック)

〜姿勢が変われば、人生が変わるあなたにあったパーソナルトレーニング〜

(大阪府大阪市東住吉区駒川5-22-19 2F)

⬇︎“体験セッション”ご希望の方はこちらから⬇︎

090−9876−7569(直通)

abeno.yamato.pft@gmail.com(メール)

※出張セッション応相談です。