GOODLUCKのYAMATOです。

1月も気づけば終わり2月が始まりました。。。

体調を崩される方が多いので体を大切にお過ごしくださいね

今日は“教え子の活躍”について

担当しているプロ選手や教え子、担当させて頂いていた選手の試合はやはり観ています。

昔、担当していた方でも成績は気になるものです

そんな中

GOOD LUCKの騎手学校入学コースの卒業生(教え子)でもあるジョッキーが全国の若手騎手の大会で活躍をしていた模様がYouTubeにアップされていました。

彼と初めて出会ったのは5年前の5月か6月だったと思います。

最初会った時の印象は

the中学生


(私もちょっとだけ若いですね…笑)

減量は苦労するタイプではありませんでしたが、運動能力もどちらかというと平均的、、、騎手試験に関しては合格に必要な能力の伸び方次第かな、、、と感じていました。

勿論、合格に向けての高めるべき能力にはいくつかの課題がありました。

彼に限ったことではなく

はっきり言って、合格に向けて高めるべき能力と受験生本人の現状の能力を把握して数値やスケジュール細かく設定してトレーニングを進めない限り、合格は難しいものです。

私自身が今まで見てきた受験生のなかで

彼の強みはとにかく粘り強い

そして、合格したい‼︎

将来は必ず騎手になるんや‼︎という気持ちは3本の指に入る受験生だったので日々の積み重ね(努力)はとても強いものがありました。

今でも覚えているのは90分(週2回)行うトレーニングの“追い込み特訓”です

騎手学校合格コースでは必ず行う通称“追い込み特訓”

名称が昭和、、ですね(笑)

合格に向けて絶対必要な能力の中で

受験生の能力が最も足りてない所を集中的に強化する時間です

受験生によって様々ですが

◯面接練習…
◯柔軟性強化…
◯持久力強化…

精神的にも、肉体的にも合理的に追い込んでいきます。

ここでの“粘り強さ”が受験本番の圧倒的な強みに繋がっていきます

一般枠の受験だと9割以上のお子さんが落ちる難関試験です。

指導する側にとっても、受験生にとってもこの粘り強さというものは合格を勝ち取る大きなポイントです。

動画を見ていると彼との“追い込み特訓”が思い出されます。

夢をひたすらに追っかけていた真っ直ぐな中学生が

今やコメントもプロの世界で戦っているんだなと感じさせてくれています。

指導している選手や教え子の活躍、トレーナーにとっては

これほど嬉しい事はありません。

彼は騎手学校合格コースの受験生を見てきた中では決して器用なお子さんではありませんでしたが

彼ほど“騎手になりたいという気持ち”が強いお子さんもいませんでした。

プロのジョッキーである以上
大きな怪我なく、もっともっと上を目指して欲しいですね‼︎

『姿勢作り、ウォーキング専門トレーニングスタジオ』

GOOD LUCK(グッドラック)

~姿勢が変われば、人生が変わる あなたにあったパーソナルトレーニング~
(大阪府大阪市東住吉区駒川5-22-19 2F)

”アスリートの合格&日本一請負人”

パーソナルトレーナーのYAMATO
(大阪 阿倍野、東住吉、藤井寺、羽曳野)

※出張セッション応相談です